科研費 挑戦的研究(萌芽)3件、採択されました。

本日(2021年7月9日(金))、学術振興会から令和3(2021)年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(挑戦的研究(開拓・萌芽))の交付内定があり、本研究室で申請した3件の挑戦的研究(萌芽)が採択されました。
非常に採択率の低い種目で落選0の結果を残せたというのは、ある意味、奇跡かもしれません。
以下、採択された課題です。

・21K18483 2021年度 挑戦的研究(萌芽)全盲者の知覚特性を基づく新たな情報構成方法の創出
 研究代表 大西淳児

・21K18484 2021年度 挑戦的研究(萌芽)視聴覚に障害がある学習障害者のためのマルチメディアDAISY教材の開発・評価
 研究代表 原田浩司

・21K18485 2021年度 挑戦的研究(萌芽)視覚障害者・晴眼者にインクルーシブなスポーツ聴覚VR環境の構築と協調学習への応用
 研究代表 坂尻正次

偶然にも課題番号が連番になっています。こんなこともあるのかと、不思議な感じです。
所属大学で指導する学生が少ないので、有効的に活用する方法を真剣に考える必要があると感じているところです。
人を助け・活かすことにつながる研究を推進することに興味がある方、いつでもWelcomeというところでしょうか。