研究領域と概要

研究領域と概要

視覚障害者のためのスマートアクセシビリティに関する基礎研究とその応用

保健科学部情報システム学科・教授 大西淳児
Keywords : 福祉情報工学,視覚障害,情報補償,合理的配慮,教育工学,VR,特別支援教育

概要

  • 必要とする情報を適時的確に提供するために最適なフレームワーク構築とその応用、および,それに基づく斬新な情報アクセス方法の創出
  • 視覚機能以外の感覚機能の活用モデルの解明による斬新な情報アクセス方法の創出とその応用
  • 自立生活を助ける視覚情報に依らない単独移動モデルの構築とシステム実装
  • 個人特性に応じた直感的情報共有基盤モデルの生成とその応用
  • 当事者のもつ機能をベースにした感覚機能のモデル化と仮想現実空間への適用による新たな教育基盤の確立およびその一般化応用
  • 情報共有で活用する信号特性に着目した新たな情報交換手法の開拓(たとえば,数式表現のシンボル表現化に基づくパズル形式へ変換にすることによって,数式展開変形を可能にする手法の開発など)
開発システムの事例

最近の基礎研究

今までの情報共有に関する研究成果を応用した遠隔教育支援システムの実装と活用に加え,座標空間の概念にとらわれない利用者が最もアクセスしやすい空間に共有する情報を射影するための仕組みの解明,また,視覚機能を除いた感覚機能を活用した仮想化技術の開発など,さまざまな基礎研究に取り組んでいます.