Let’s encryptをmacOS Serverにて運用する。

最近のWebブラウザが証明書をもたないサイトへのアクセスに対して、ユーザに一定の警告を発するという仕様に変わってきました。 そのため、一般の暗号化通信方式を採用していないサイトにとっては、ユーザーに一定の不安の与えかねない懸念があります。 一方、証明書を導入運用するには、証明書を取得するための費用が発生するのが導入に当たって阻害要因となってきますが、Let’s Encryptというサービスを利用することで無料で証明書の導入ができます。しかしながら、この証明書は有効期限が僅か3ヶ月という短期間であるため、頻繁に証明書を更新する作業が必要となります。ここでは、あまり情報が少ないmacOS Server上でこの証明書を導入し自動的に期間更新を行うための方法のmemoを残しておきます。

macOS ServerにLet’s Encryptの証明書を使い、GUIを使わずに自動更新する方法

macOS …
Font Resize