macOS でのstatic route設定(静的経路)の方法(備忘録)

Adding persistent static routes
(静的経路の追加について)

Once we have the network service identified we can add a static route with the command
(有効なネットワークサービス(インタフェース)に対して,以下のコマンドで静的経路を追加できます.macOSには専用コマンドがあります.起動時に実行されるスクリプトで解決するなどさまざまな情報がありますが,ここで紹介する方法が確実です.)
networksetup -setadditionalroutes <networkservice> [ <dest> <mask> <gateway> ]

詳しくは,networksetupのヘルプを確認してください.

Check the result with networksetup -getaddtionalroutes <networkservice>
(確認するには,上記のコマンドを実行してください.)
なお,<networkservice>というのは,コントロールパネルのネットワークにある物理ネットワークインタフェースの名前です.デフォルトですと「Ethernet」といった名前になっているケースが多いと思います.有効なインタフェースは,以下の例にもありますが,
networksetup -listallnetworkservices
のコマンドで確認できます.

以下,実際の設定例です.(ターミナルでコマンド操作にて実行)

Example

Case : The server to be able to reach the network 10.0.0.0/24 via gateway 192.168.15.254. 
Firstly look for a network service that connects to the network 192.168.15.0/24. 
As a result you learn that the network service name is ‘LAN’. 
Now You can add the route to this network service and check the result.
(ここではLANサービスに対して,10.0.0.0/24のネットワークセグメントへ192.168.15.254のゲートウェイを経路として通信する設定をします.)
networksetup -listallnetworkservices
 An asterisk (*) denotes that a network service is disabled.
(出力される情報についている*マークは,無効になっているネットワークサービスです.この例では,FireWireおよびBluetooth PAN 2が無効となっています,)
 Internet
 LAN
 Backup-LAN
 Bluetooth DUN
 *FireWire
 *Bluetooth PAN 2
 Wi-Fi
(この例では,LANのインタフェース(サービス)を使って設定します.そのため,LANサービスの情報を確認します.)
networksetup -getinfo LAN
 Manual Configuration
 IP address: 192.168.15.2
 Subnet mask: 255.255.255.0
 Router: 192.168.15.254
 IPv6: Automatic
 IPv6 IP address: none
 IPv6 Router: none
 Ethernet Address: 00:1f:5b:33:1d:75

sudo networksetup -setadditionalroutes LAN 10.0.0.0 255.255.255.0 192.168.15.254
Font Resize