健聴の視覚障害と盲ろう学生のインクルージョン遠隔授業ビデオ 

 健聴者である弱視・全盲学生と盲ろう学生とのインクルージョン遠隔授業のデモビデオです.
 学生は,それぞれの自宅もしくは大学寮から参加し,盲ろう者への要約通訳スタッフも自宅から接続している.コミュニケーションのソフトウェアは,Zoomを使用し,教官側のコンピュータ上で表示しているWindows10を動作させている仮想PCのリモートデスクトップを画面共有として設定している.
 さらに,学生・通訳者と教官との情報共有では,Zoomによる音声・映像に加え,Googleドキュメントを活用して授業資料(授業開始の1週間前に事前提示し予習材料として活用させている.)を共有し,これらの文字情報はスクリーンリーダーおよび点字ディスプレイでの確認ができる.
 盲ろう学生との情報共有では,本研究で開発した要約提示システム(紹介記事)を活用し,必要に応じて教官およびその他の学生から直接Webチャットを通じて会話ができる仕組みとなっている.
 以下,授業を記録したビデオの一部を紹介する.ビデオ内のウェブチャットの画面を確認してほしい.黄土色エリアの赤字の部分が盲ろう学生の操作で点字ディスプレイに表示されている通訳文字列である.これが変化したときは,盲ろう学生が要約筆記文字列をアクセスしていることを意味している.教官は,これを確認しながら話を進めることで,学生・教官間のリアルタイム情報共有に支障が起きないようにしている.また,グーグルドキュメントは,全学生が個々のパソコンで直接共有アクセスしており,教官の解説に合わせて確認している.
本件に関するお問い合わせ等は,こちらから

Font Resize